10/22(火・祝)「寿ドヤ街・生きる2」上映迫る

先月、幻のドキュメンタリー映画「記録映画 寿ドヤ街・生きる」を上映された横浜キネマ倶楽部様が、続編「寿ドヤ街・生きる2」を10月22日(火・祝)に上映されます。

生きる1上映の際は、私たちスタッフも鑑賞させていただきました。
そればかりか上映終了後、渡辺孝明監督がことぶき協働スペースを訪ねてくださいまして、同映画にまつわる数々のエピソード等を拝聴するという好機に恵まれました。

寿地区で支援活動を続けている方のお話では、生きる2は生きる1に比べて上映機会が少なく、今回の上映は本当に貴重とのこと。
1983年に日本中を震撼させた「横浜浮浪者襲撃殺傷事件」の余波に揺れる寿町を記録した伝説の作品が、寿町に帰ってきます。

作品名「寿ドヤ街 生きる2」
上映日時10月22日(火・祝)
1回目上映 11 : 30 〜
2回目上映 14 : 30 〜
監督の講演 13 : 10 〜 14 : 10
場所かながわ労働プラザ3階多目的ホール
(横浜市中区寿町1-4)
入場料一般:1,300 円(前売 1,000 円)
障がい者:1,000 円(介助者1名無料)
制作年1984年(98分)
作品概要『どっこい!人節 寿・自由労働者の街』から6年・・・
『寿ドヤ街 生きる』から3年・・・
35年前の寿町を記録した幻のドキュメンタリー映画 第2弾!!
1日の生活を1日契約の労働に賭ける人々。しかし、高度成長は年々減少の一途をたどる。
少しでも収入の安定を求め、長期出張(飯場仕事)へ旅立っていく労働者も多い。そんな横浜・寿町の人々の姿を追った『寿ドヤ街 生きる』の続編。
スタッフ監督/編集:渡辺孝明、撮影:高橋英明、音楽:関口孝
リンク上映の詳細、チケット購入方法などはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください