12/1(日) 開演 演劇体験講座から初公演のお知らせ

寿町で芝居をやろうとの挑戦がスタートしてから早くも3か月ほどが経過。
いよいよ舞台、といっても交流センター1Fの多目的室に客席と演技エリアをまとめて設定した空間だけど、とにかく芝居の幕が開きます。
12月1日(日)第1回横浜市寿町健康福祉交流センターまつりの一環として行われる催しで、開演は14時。
出演者は寿町で生活している皆さんや近隣から駆けつけてくれた有志たちです。
ことぶき協働スペースからも代表で一人参加します
しかもどうやらバリバリの主役みたい

交流協から打診があって、今度芝居やるんで誰か出ないかなあ?長いこと芝居やってるスタッフがいるって聞いたんだけど。どうですか? とお話しがあったのが8月末。
とにかく脚本家兼演出家といっぺん会ってみてくれないかなあ? といわれて、そこで台本を読んでみたところ、その場で「決まり、アンタでいくから」なんて言われて、勢いで走り出しちゃいました。
あっという間に月日が流れ、もう開演は目の前です。
10数名が出演する中で一応芝居経験あり、というのは数名。
あとは今回が初舞台という皆さんです。
台詞術や演技なんていう以前に声が出ない、立つ、歩くだって??という状態が正直なところ。
でも熱い想いだけはすごいです。
公演が近づくにつれ、皆さんの熱気が高まってくるのがひしひしと感じらるようになりました。

演劇体験講座

稽古場は公演と同じ多目的室で、1Fですから、町の皆さんが気軽に来て囲碁や将棋、TVを楽しんだりする空間でもあります。
なので、稽古していると自然に皆さんの目に留まります。
「何やってンだ? へえ~芝居の練習なの、いつやるの?」
そんな光景が日増しに多くなってきました。
今回の公演では歌あり、ダンスパフォーマンスあり、とにぎやかな構成になっているので、その練習が当初はなんだか恥ずかしくて、なんていう人もいましたが、次第に盛り上がってくるとそんな声はどこへやら。
もうみんな真剣そのもの。
すっかり役者の顔になってきています。

きっと忘れない告知用

さあ、そんな熱い仲間の絆で作り上げてきた寿芝居の幕がもうすぐに開きます。
笑いあり涙あり歌も踊りもっていう盛りだくさんの芝居、しかも開演前にはパフォーマンスやマジックショーまであるという楽しさ満載のお祭りです。
皆さんいっぱい来てくださいねぇ~~

来てね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください