12/3(火)欧州サーキュラーエコノミー最前線視察報告イベントを開催します

世界のソーシャルグッドなアイデアを紹介しているウェブマガジン「IDEA FOR GOOD」の編集長を務めるハーチ株式会社代表の加藤佑氏をお招きし、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の先進都市として知られるオランダ・アムステルダムの事例を中心に、欧州主要都市での最新のサーキュラーエコノミーの動向について学びます

加藤 佑さん(IDEAS FOR GOOD 編集長 / ハーチ株式会社代表取締役)
1985年生まれ、横浜育ち。大学卒業後、リクルートキャリアを経て、日本最大級のサステナビリティ専門メディア「Sustainable Japan」の立ち上げ、大企業向けCSRコンテンツの制作などに従事。2015年12月に Harch Inc. を創業。翌年12月、世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」を創刊。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格保持者。

IDEAS FOR GOOD編集部では、11月はじめから3週間をかけて欧州のサーキュラーエコノミー推進団体や大手企業、スタートアップ企業などを50社以上訪問し、取材してきました。
本イベントでは、編集部が現地で見たユニークな事例や実践者との対話から得られた気づきなど、横浜および日本でサーキュラーエコノミーを推進するうえで役立つヒントを共有し、参加者とともに次のアクションを考えます

テーマは、サーキュラーエコノミー×デザイン、建築、フードロス、金融、テクノロジー、人材育成、まちづくりなど多岐に渡ります。
業界や分野を超え、新たな産業や雇用を生み出す市場をつくる事業の創造についてのヒントを持ち帰っていただきたいと思います。

取材先企業・団体(一部):AMN Amro(Circl)、De Ceuvel、NDSM、Instock、Little Planet Pantry、Fashion for Good、The Makers Store、Edge Olympic、Sustainable Amsterdam、Closing the loop、ING Bank、Circular IQ、Circle Economy、Excess Data Exchange、Plastic Whale、Circular Berlin、Swapbook、La Maison du Zéro Déchet 、HomelessPlus、LWARB(Circular London)、The Ellen MacArthur Foundation ほか

「欧州サーキュラーエコノミー最前線視察報告イベント」
~アムステルダム・パリ・ロンドンの先進事例を一挙に紹介~
日時12月3日(火)18:30~20:30(開場18:00)
場所ことぶき協働スペース
参加費500円(学生・LOCAL GOOD YOKOHAMAサポーター無料)
主催LOCAL GOOD YOKOHAMA
ことぶき協働スペース
共催IDEAS FOR GOOD
協力ハーチ株式会社
概要 ①趣旨説明
・ことぶき協働スペースについて
・LOCAL GOODカフェについて
②視察報告
・加藤佑さん(IDEAS FOR GOOD 編集部)
③話題提供
1.リビングラボとサーキュラーエコノミーについて
・関口昌幸さん(横浜市政策局共創推進課)
2.LOCAL GOOD YOKOHAMAとローカルメディア、サーキュラーエコノミーについて
・杉浦裕樹(横浜コミュニティデザイン・ラボ)
3.クロストーク
・浅田真理さん(Mira Creative)ほか
④Q&A〜オープンディスカッション
⑤お知らせ
⑥終了~懇親会
対象者サーキュラーエコノミーについて知りたい・興味がある方
欧州の最新サステナビリティ事情に興味がある方
サステナブルなまちづくりのアイデアを得たい方
自分のプロジェクトや活動に活かせるヒントが欲しい方
申込みfacebookイベントページから「参加する」ボタン
②MAIL:kotobuki@yokohamalab.jp(件名を「12/3参加希望」とし、本文に氏名・連絡先を添えて)
③TEL:045-323-9019
問合せことぶき協働スペース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください