第1回「ボランティア基礎講座」が終了しました!

こんにちは。ことぶき協働スペースです。
11月22日からはじまった「ボランティア基礎講座」。Step1 「歴史や現状を学ぶプログラム」、Step2「まちを見て触れるプログラム」、Step3「体験の言語化プログラム」を経て、それぞれの活動へ活かしていく講座です。

11月22日のStep1の様子はコチラ

【日程】
11月22日 Step1「歴史や現状を学ぶプログラム」
11月29日 Step2「まちを見て触れるプログラム」(炊き出し体験)
12月18日 Step3「体験の言語化プログラム」(第5回ボランティアサロン)

11月29日のStep2には、2名の受講者の方々が炊き出しに参加し、地域の方が行うまちあるきでStep1とはまたちがう角度でまちについての説明を受けました。
その日は大変寒く、日陰に立っていることが困難なほどでしたが、朝早くからの炊き出しの仕込みからまちあるき、配食まで、すべての工程を踏んだ受講者の方々の「まちを知りたい」という意欲に、スタッフも圧倒されるほどでした。

そして、Step3となる12月18日に開催された第5回ボランティアサロンでは、基礎講座受講者の方々の感想がじっくりと共有されました。
今回のサロンの参加者は、基礎講座受講者と、新規参加の方々、そして地域に住む方々の合計5名。それぞれの立場からまちについて語り合いました。

基礎講座受講者からの感想では、「基礎講座に参加してみて、これから具体的に何をしていくかと言われると、まだ未定だが、参加してみて感じたことを、まずは人に伝えていきたい」「炊き出しの一連の作業は、かなり合理的に行われていた。長年積み重ねてきた取り組みだということを感じる。簡易宿泊所の生活環境がどうなっているのか気になった」などのお話がありました。

ご自身の「ボランティアをしたい」「まちを知りたい」というはじめにあった気持ちと、その後の実際にまちに触れてみて新たに生じた感情の整理は、すぐにはできないものです。その過程のなかでも、サロンの中でわかりやすくお気持ちを共有してくださったことは、私達スタッフにとっても貴重で有難い場でした。

地域に住む方々からも色々なお話があり、参加者に女性が多かったこともあり、まちに住む女性のくらしをテーマに盛り上がりました。……時間内にお話がおさまらず、また別日にこれをテーマにしてお話しましょう!となって、解散となりました。

基礎講座参加者のお二人には、ぜひ今後のそれぞれのご活動に活かしていただきたいと思います。

第2回「ボランティア基礎講座」を、1月29日(水)から始める予定です。また詳しいことが決まり次第、ホームページやSNS等でお知らせして参ります。

参考:これまでのボランティアサロン
8/21 ボランティアサロン開催しました
第2回ボランティアサロン(水曜の部)開催
第2回ボランティアサロン(土曜の部)を開催しました
10/30 ボランティアサロンを開催しました