横浜市職員の人権研修が行われました

12月23日(月)横浜市環境創造局の職員が、人権研修のためのことぶき協働スペースをご利用されました。

環境創造局とこうした関わりを持つのは(ご挨拶を除いて)今回が初めて。
横浜市は大きな行政機関ですので、非常にたくさんの部局を持っています。
寿地区で働くようになって、協働パートナーである健康福祉局をはじめ、さまざまな市部局の職員と出会う機会を得たことは、私たちにとって貴重な経験になっています。

研修は2グループに分かれて寿町の中心部をまち歩きをするところからスタートしました。
道中、興味を持った住民男性が研修グループに付いて来るハプニングもあり···
寿地区の実際を見ていただけたのではないでしょうか。

ことぶき協働スペースに戻ったのち、代表理事の杉浦と施設長の徳永から、寿地区の現状と課題について講義させていただきました。

ことぶき協働スペース設置の趣旨を説明

寿地区で人権を考える意味とは?

まち歩きと講義を受けてのグループ討議、各グループからの意見発表を行って、研修は終了しました。

形だけの研修ではなく、真剣に考えてくれる環境創造局の職員

今回、環境創造局が研修の場に寿地区を選ばれたのは、ことぶき協働スペースという「会議室」があったから、という理由だけではないと思います。
この寿地区に暮らす人々が、過酷な労働、不安定な雇用、劣悪な居住環境、なにより社会的排除と偏見という、幾多の人権侵害を被ってきた歴史があるからにほかなりません。
今では日雇労働者こそ減りましたが、3畳一間(風呂トイレなし)の宿に暮らし、差別と偏見に晒され続けているという点で、未だ人権侵害は根強く残っていると感じます。

こうした研修を通じて、横浜市職員が寿地区に目を向けてくれることは大変心強いことです。
環境創造局職員の皆さま、ことぶき協働スペースへ足を運んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください