2/4( 火)「ことぶき×SDGs」開催します!

情報紙6号の「Buddy」コーナーに取材させていただいた「まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.(略してSBC.)」。いい意味でNPO法人らしからぬ、 いつも、ユニークで斬新な企画をされています。今回のイベントは、このSBC.さんとの共催イベントです!

face“look”という連続企画から…

SBC.さんの連続イベントに、facebookではなく「face“look”」という企画があり、これまで横浜や関内駅周辺での開催されていたのを「次は協働スペースでしたい!」というお声をいただいて実現することになりました。

※「facelook」は、[face]=専門家と顔を付き合わせて、課題に[look]=注目し解決の啓発と糸口をみんなで考えようという意味だそうです。
 

「ことぶき×SDGs」って?

このfacelookは、SDGsに関連する内容の連続イベントです。

※SDGs =  「エス・ディー・ジーズ」と読みます。


「次は協働スペースでしたい!」というお声をいただいたのをきっかけに、私たちに何ができるか考えたところ「寿のまちで取り組みをされている方の活動を、SDGsの観点から見たらどうなるか」 という発想で、今回の企画にいたりました。

ゲストには、寿のまちで活動されている方、SDGSに詳しい方をお招きします。寿のまちでの活動が、SDGsの観点から見た時にどんな化学反応が起きるのか、私たちもとても楽しみです。

どなたでも参加できます!

SDGsのことをご存じの方はもちろん、初めて聞いた、言葉だけは知ってるという方でもご安心ください!SDGs初心者でも、ベテランでも楽しめる内容となっています。

※SDGsが何なのか、先に知りたい方は → 協働スペースのブログ(SDGsって何?)をご覧ください。

 
 

参加費500円(税込)で、軽食(アルファ化米)付き!

今回は、ただ話を聞くだけのイベントではなく、参加費500円(税込)で軽食が付きます。
以前にもお知らせした「アルファ化米」が試食できます!そして、ささやかではありますが「ご飯のお供」もご用意します。
 
 

イベント詳細

【日時】
◆2月4日(火)
◆18:30~20:30(受付は18:00から)

【場所】
◆ことぶき協働スペース

【ゲスト:話題提供者】
梶 雅之さん
富士ソフトから、神奈川県ユニセフ協会、守りたい・子ども未来プロジェクト事務局長、商大キャンパスバザールなどなどを経て自由業。SDGsに関して独自の観点で講座やワークショップなどを多数実践しています。
市原 誠さん
横浜市生活自立支援施設 はまかぜ 支援コーディネーター
在職16年で、生活困窮者の自立支援に携わる傍ら、2006年よりアルコール依存症回復施設のNPO法人市民の会「寿アルク」の運営委員に就任。また、2019年設立のNPO法人横浜依存症回復擁護ネットワーク(通称:Y-ARAN)に設立メンバーとして参加。副理事長として、経営や各種アディクション支援に携わっている。2019年12月に、寿町地区の民生委員に就任

【参加するには?】
◆facebookのイベントページ、もしくはお問い合わせフォームから、お申し込みください。
◆参加費:当日会場払い、税込500円(軽食とアルファ化米が食べられます!)




ゆる~い感じのイベントなので、お気軽にお越しください。試食もお楽しみに~。(アルファ化米は意外と美味しいですよ♪)

※facebookのイベントページの中にも書いてありますが、peatixという「早割チケット」がお得です! 参加費500円(税込)のところ、100円OFF!!