2/9(日)第2回「デスカフェin寿町」開催します!

デスカフェpart2バナー

 寿町で「死」について“ 明るく問い・語る ” 哲学対話カフェ、今週末に第2回目を開催します!ご好評を頂いた前回に引き続き、テーマは「死は選択することができるか?」。

 ファシリテーターに田中はる氏(対話カフェ Tokyo~Yokohama主宰)をお招きしての開催です。対話に自信がなくても大丈夫。参加者の興味や関心に耳を傾け、ワークショップ形式で、誰でも死について語るきっかけを持てるようなカフェです!

 ……さて今回は、当日に向けて予習・復習できるように、また前回のカフェに参加できなかった方にも見ていただけるように、対話の記録を書き起こしました!是非ご覧になって、哲学対話の雰囲気を味わっていただけたらと思います。とはいえ必読ではありません。考え方の異なる多様な参加者が、その場の空気を大切に、味わうように進んでいくのが対話の醍醐味なのですから。
第1回「デスカフェin寿町」の記録(PDF

 第1回「デスカフェin寿町」の様子はこちらの記事にも。

 今回はお昼をまたぎますので、お菓子やお飲物をご持参くださいね!

◆企画名:デスカフェ in 寿町 part 2

◆テーマ:「死は選択することができるか?」

◆内 容:・自己紹介
     ・前回の振り返り
     ・対話タイム(ワークショップ含む)

◆日 時:2020年2月9日(日) 10:00~13:00
     
◆場 所:ことぶき協働スペース
     〒231-0026 横浜市中区寿町4ー14
     横浜市寿町健康福祉交流センター2階

◆参加費:無料(お菓子・飲み物持ち寄り大歓迎)
     ※飲酒・喫煙はできません

◆定 員:約20名

◆申込み:専用お申込みフォームよりお申し込みください。
     ※遅刻・早退の場合でも、お気軽にご相談ください。

↓↓申し込みフォームはこちら
https://forms.gle/ZweePKh3z4KSMGbS9

***イベントに関心を持ってくださる皆さまに***

 ことぶき協働スペースは、まちづくりの実践型のラボ。対話をベースにお互いを理解し、多様な価値観を認め合いながら、寿地区内外の人が交流し、関わり合い見守り合える……そんな関係性の創出を目指して日々活動しています。まずは茶菓子でも頬張りながら集える語り場を定期的に設け、まちの声を聞けたらいいな、と思い今回の「◯◯カフェ」プロジェクトを始動しました。皆さまの声を受け止め、いろんなカフェに派生していくかもしれません。おしゃべりついでに、お茶でもいかがでしょうか?

 前回は短い告知期間ながらも、老若男女、様々な職種の方や学生さんにお集まり頂きました。寿町に初めて訪れる方も半数ほどいらっしゃり……協働スペースの活動の広まりを実感しています。
 第2回目も「デスカフェ」。どんな人にも死は訪れます。死を考えることは生を考えること。身の回りの死に思いを巡らせ、互いの経験や想像力を分かち合うなかで、私たちはどのように生きることができるのでしょうか。
 参加者の経験や興味関心は問いません。地域の住民やボランティアの皆さんにとどまらず、ご高齢の方はもちろん、働き盛りの方々、文学少女もSF男子も大歓迎!みなさまのご参加をお待ちしています。

************************

【カフェメンバー 紹介】

田中 はる
対話カフェ Tokyo〜Yokohama主宰
図書館帖普及委員会 共同代表
ビブリオバトル普及委員会 普及委員

林 北斗
ことぶき協働スペース運営スタッフ/アーカイブ担当
早稲田大学大学院フランス文学科に在籍。20世紀美術を専攻。突如「もっとカラッと楽しくやりましょ」と言い張り、カフェ開催を宣言する。

徳永 緑
ことぶき協働スペース施設長
ひとこと:詩人の長田弘が大好きです。この季節になると一遍の詩「ふろふきの食べ方」に描かれた、人生と柚子味噌の風味が胸に染みます。『死』を考えるとき想起するのは、「詩ふたつ」という詩画集。声に出して読みたい一冊です。

coming soon……

↓↓参加のお申し込みはこちらから
https://forms.gle/ZweePKh3z4KSMGbS9

常連さんも、初めての方も
お気軽にご参加ください。

お問い合わせは、ことぶき協働スペース
kotobuki@yokohamalab.jpまでご連絡をいただくか、
045-323-9019までお電話ください。