KOTOBUKI TERRACE 第10号を発行しました

本日、令和2年度最初の「KOTOBUKI TERRACE」第10号を発行いたしました。

いよいよ新年度が始まりました。
新型コロナウイルスを取り巻く状況は今なお厳しく、諸手を挙げて祝賀ムードとはいきませんが、新社会人の皆さま、進学進級された学生の皆さま、おめでとうございます。
こんなご時世ですが「あれができない、これができない」と嘆くより、与えられた環境の中で今できることを見い出して取組んでください。
皆さまのご活躍を祈念しております。

今月のKOTOBUKI TERRACE一面は、小田豊二さんをお招きして2月22日(日)に開催した「聞き書き講座inことぶき」を取り上げました。
この翌週には全国的にイベント自粛が言われるようになったので、本講座を開催できたのは本当に運がよかったと思います。
(この時はまだ全国の感染者は数十名にとどまっていました。)
聞き書き講座の様子は併せてこちらもご覧ください。

Buddyで紹介している西六男さんにもご注目ください。
西さんは、昨年11月以前の記憶がなく、横浜駅付近で路上生活を余儀なくされていたところ一時保護された男性です。
ドラマや漫画では定番の「記憶喪失」ですが、実際に記憶をなくされている方を目にするのは初めてでした。
それでも彼はとても前向きに活動されており、近く一時保護施設を出て自立した生活を営むことを目指しておられます。

また2面Pick Upのコーナーでは、寿地区歴40年以上という大先輩、寺田さんから聞かせていただいた貴重なお話を紹介しています。

KOTOBUKI TERRACE 最新号はことぶき協働スペースのほか、健康福祉交流センター内ラウンジ等に配架しています。
またPDFでもご覧いただけます。
本年度もことぶき協働スペース情報紙「KOTOBUKI TERRACE」をよろしくお願いいたします。

7eaac8208b972b0903dda13264d5c52b

2bcac7198bcdd8c517c239af623bdf38