KOTOBUKI TERRACE 第12号を発行しました

6月1日(月)ことぶき協働スペース情報紙「KOTOBUKI TERRACE」第12号(2020年6月号)を発行しました。

当スペースは6月1日で開所1周年を迎え、2年目のスタートを切りました。
長かった緊急事態宣言もようやく解除され、徐々に日常生活が戻ってくる気配を感じています。

さて、今月のKOTOBUKI TERRACEでは、新型コロナウイルス危機の中で私たちにできることを模索した数々の取り組みについて紹介しています。
参加者が別々の場所にいながら、ひとつのテーマを囲んで対話を共有したオンライン「対話カフェ」。
感染リスクを抱えながらも使命にまい進する医療・介護・福祉関係者を支える取り組み
新型コロナウイルスがもたらした急激な社会の変化に「取り残される人があってはならない」と志を分かち合ったオンラインイベント。

地域が一丸となって、この危機を乗り越えようとした寿のまちの活動がお分かりいただける1枚になったと思っています。

KOTOBUKI TERRACE最新号は下記のPDFから気軽にご覧いただけますので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。
2年目のことぶき協働スペース、そして情報紙「KOTOBUKI TERRACE」をよろしくお願いいたします!

fd8dcb8ef2205f45b6b0cdcf50335ffc

933dfb7c641c77f96456e8025cefa0cd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください