7月1日 ことぶき協働スペース情報紙「KOTOBUKI TERRACE」第13号を発行しました

7月1日(水)ことぶき協働スペース情報紙「KOTOBUKI TERRACE」第13号(2020年7月1日号)を発行しました。

毎日の天気予報チェックが欠かせない今日この頃、皆さまいかがお過ごしですか?
梅雨空の日が多く、鬱陶しい雨が続きますね。
ですが時折のぞく晴れ空に、夏がもうそこまでやってきている気配を感じます。

さて、今月のKOTOBUKI TERRACEトップ記事は、寿のまちをよく知る村田由夫さん、高沢幸男さんのお二人に伺ったお話を載せています。
開設1周年を迎えたことぶき協働スペースに対する期待や助言もいただき、一層身が引き締まる思いです。
私たちなりに地域のことを考え、学び、理解を深めることに尽力した1年間。
より良い2年目へ向けて試行錯誤を続けていきます‼

その他の記事では、#おたがいハマをとおして寄贈されたマスク等を寿地区の医療介護関係者にお配りしたこと、寿地区の障害者作業所で作られた作品の展示販売をしていること、私たちの活動を支えてくださっている地域の方のご紹介など、ことぶき協働スペースの活動を分かりやすく紹介しています。

KOTOBUKI TERRACE最新号は、7月1日から平常開館時間に戻ったことぶき協働スペースに配架しています。
当スペースに来られない方は以下のPDFからも気軽にご覧いただけますので、ぜひ一度目を通してみてくださいね!

390f1588a2af73b4763c1004b4cb2d80

46e18b4145a13d926cf9a781970b5d43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください