9/26(土)更生支援セミナー(第3回)をオンラインで開催します

更生支援のための地域連携を考えるセミナー(第3回)」の開催についてご案内します。
新型コロナウイルス感染症が再び流行の兆しを見せていることから、第2回に続き、今回もオンラインで配信することになりました。

テーマは更生保護

日本の刑事司法システムに警察→検察→裁判所→刑務所や少年院が登場することは、ニュースやドラマを通じてよく知られているところです。
しかしその先…刑務所を仮出所したあと(少年院を仮退院したあと)や刑事裁判で執行猶予が付いたあとのことって意外と知られていません。
再犯防止・更生支援を考えたとき、最も重要な局面にも関わらず。

そこで更生支援セミナー(第3回)は、保護司およびBBS会員として、罪を犯した人や非行のある少年の更生に力を尽くされている狩野修様を講師にお迎えし「市民も担える更生保護と少年の立ち直り支援とは」をテーマに、更生保護制度とその活動を分かりやすく伝えていただきます。

「保護司」は肩書こそ国家公務員ですが、その実は無給のボランティアです。
犯罪をした者等と定期的に面接を行って、更生に向けた指導をしたり、困りごとを聞いたりするボランティア活動です。
そして知っている方は知っている、知らない方はまったく知らない「BBS」という青年ボランティア組織。
BBSとはBig Brothers & Sistersの略で、非行少年等の良き兄・姉となり、彼らの健全な成長を支えるボランティア活動です。
日本の更生保護は、保護司、BBSそして更生保護女性会といった更生保護ボランティアに支えられてきた長い歴史があります。

地域における再犯防止を考えたとき、市民である私たちが積極的に関われる局面が、社会内処遇(更生保護)のステージと考えます。
更生保護の制度、保護司活動、BBS活動を学ぶとともに、更生保護の活動との連携の可能性を探る機会とします。

ご視聴方法について

  • YouTubeライブに加えて今回はfacebookライブでも配信します。(同内容)
  • 今回は一般公開で配信しますが、配信終了後の録画映像は限定公開(お申し込みいただいた方のみ)になります。
  • 参加者の表情やお名前は配信画面には表示されませんので、お気軽にご視聴いただけます。
  • ご質問やご意見はコメント欄からテキストで投稿してください。
    コメントの投稿にはYouTubeアカウント(Googleアカウント可)またはfacebookアカウントでのログインが必要となります。
  • セミナー後半に質疑応答の時間を設けておりますが、その時間以外も適宜ご質問を投稿していただいて構いません。

お申し込みについて

  • ご視聴は無料です。
  • 専用お申し込みフォームからお申し込みください。
  • お申し込みがなくても配信はご視聴になれます。
  • 配信終了後、録画映像をご覧になりたい方はお申し込みが必要です。

開催概要

名称更生支援のための地域連携を考えるセミナー~「横浜市再犯防止推進計画」を学ぶ・活かす継続学習会~(第3回)
日時9月26日(土)14:00~16:00
場所YouTubeライブおよびfacebookライブ
参加費無料
主催ことぶき協働スペース
協力横浜市西区BBS会
かながわ「非行」と向き合う親たちの会(道草の会)
NPO法人横浜市精神障害者地域生活支援連合会
NPO法人Hatch
NPO法人横浜依存症回復擁護ネットワーク
横浜市生活自立支援施設はまかぜ
テーマ「市民も担える更生保護と少年の立ち直り支援とは」
講師狩野修
(保護司、横浜市西区BBS会員)
プログラム① オープニング(10分)
② 更生保護の制度について
  保護司の役割とは
  少年の立ち直りを支えるBBS活動
…休憩(10分)…
③ 質疑応答
④ クロージング(10分)
対象者再犯防止・更生支援に関心のある方
定員なし
申込み専用お申し込みフォームまたは電話/FAX/Eメールにて
問合せことぶき協働スペース(担当:橋本)

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください