台湾から「Xplore Yokohama」の方々が来訪

8月14日、台湾から7人の「探索者」がことぶき協働スペースを訪れ、意見交換を実施しました。

「探索者」とは、「Xplore Yokohama」のプログラムの一環として、台湾から横浜を訪れた若者たち。2日間で 関内、寿町、黄金町、日の出町、野毛をまわり、 コミュニティデザインとシビックプライドについて学ぶというプログラムで、今回は横浜であらゆる活動をしている14名の「浜っ子」と交流したそうです。

主なメンバー:

①Sunny: NPO城市浪人City Wanderの一員。チャレンジを設計して若者育成する活動をしている。日本、アジアに展開する予定。

②Jensen: 台湾台南国立成功大学Creative Hubの一員。デザイナーのコミュニティの運営から、循環経済の建築材料の開発までの活動をしている。

③Lucy: 台湾台南国立成功大学都市開発卒、台南アート街「海安路」を研究し、今は国立公園のデザインを手掛けている。

④Eartha: 台南在住陶芸家。Akamuの創立人。インドで暴力を受ける女性たちの支援活動をしている。

野毛山の地域拠点「CASACO」から協働スペースへやってきた一行。

13時に到着し、まちあるきをしたのち、意見交換の時間となりました。意見交換には、ホームレス自立支援施設「はまかぜ」の市原さんにもお越しいただき、お話いただきました。

寿のまちについてや、そこでNPOとしてどのように活動をしていくのか、熱心に質問をしてくださいました。

まちあるきをしていたところ、夏祭り期間中の寿ではお神輿を担ぐ一行が。ご厚意で、一緒にお神輿を担がせていただいたりと、真面目な意見交換だけではなく、楽しいひと時を過ごすこともできました。

横浜市寿町健康福祉交流センターの前で、左の7人が台湾からのお客様。右の二人が協働スペーススタッフとインターン生。

Xplore Yokohamaの一行は、8月18日に関内の泰生ポーチにて、ことぶき協働スペースの訪問も含めた今回の横浜訪問の報告会を開催予定です。

▽8/18 Xplore 横浜 発表会 l 台湾人と横浜を愛している人達

https://www.facebook.com/events/2364932613773207/

是非、若くて熱いパッションを持つ台湾の方達の、横浜での活動報告にご興味のある方は、足をお運びください。