8/21 寿のまちでボランティアをすることについて考えるサロン開催

寿のまちではさまざまなイベントなどの取り組みが行われています。
そこにはまちの人たちを思い、活動している方々がいらっしゃいます。
また、そんな方々の気持ちに賛同して活動をするボランティアさんたちも多くいらっしゃいます。

寿のまちではさまざまなイベントなどの取り組みが行われています。
そこにはまちの人たちを思い、活動している方々がいらっしゃいます。
また、そんな方々の気持ちに賛同して活動をするボランティアさんたちも多くいらっしゃいます。

どのような方が、どのような気持ちでボランティアしているのでしょうか?
地域の方々はどういうところにボランティアさんに来てもらいたいと感じているのでしょうか。

地域にうれしい、活動をすることで学びになる寿のまちの「ボランティア」について、参加者のみなさんも含めて話し合いま

▽ボランティアを考えるサロン~まちが嬉しい&まちを感じるボランティアのために~

Facebookイベントページはコチラ

ゲスト:近藤昇さん(寿日雇労働者組合組合員・高齢者ふれあいホーム木楽な家運営委員長)
いつ:2019年8月21日
何時に:14時~16時
どこで:ことぶき協働スペース
(横浜市中区寿町4-14 寿町健康福祉交流センター2階)
参加費:無料
対象:ボランティアに興味のある方、寿地区に住んでいる方、何かをやってみたいと感じている方、ことぶき協働スペースに興味のある方、学生さん、主婦
人数:15人~20人
申込(事前予約制):「参加」ボタンを押していただくか、045-323-9019/kotobuki@yokohamalab.jpまで
→メールお申込みの際は、タイトルに参加希望のイベントタイトルを明記の上、本文にご氏名とご連絡先をご記入し送信してください。

※ことぶき協働スペースではボランティア・プロボノの登録を受け付けています。ことぶき協働スペースは、まちづくりの担い手となる地区内外の団体や事業者等がネットワークを築きながら活動を行い、交流を活性化させることで寿地区の「開かれたまちづくり」を進めていくための拠点として位置づけられています。