【イベント情報】11/21(日)「更生」支援の現場から、一緒にできることを考える | ことぶき更生サロンvol.2

 「更生」には様々な壁があります。その壁を低くしたり、乗り越えるために必要なことはなんでしょうか。一人の「更生」は地域や社会とどう関わるでしょうか。当事者の苦悩や希望について理解しておきたいこと、私たちが連携してできること、各人ができることを、伴走支援の現場から取組事例や課題をとおして考えます。

  
  

ゲスト

■細川 慎一さん(NPO法人Hatch 代表)
元葉山町議会議員。2016年に覚せい剤の所持・使用で逮捕・有罪判決。その後、依存症の治療・回復を通じて医療や福祉に救われたことを実感し、適切な支援に繋がることの重要性と課題に関する啓発活動を開始。また、自身の経験からも犯罪者のなかには治療・福祉が必要とされる人が多くいることを知り「再犯防止」は厳罰だけでは改善が困難であることの事例を発信している。
更生保護や再犯防止に関する問題の改善を図るには、当事者への理解だけではなく「当事者の理解」の必要性を主張しており、社会啓発の対象を「世間と当事者」として双方に向けた活動を実施している。

■青木 知明さん(地域活動支援センター川崎マック 施設長)
1966年米国ワシントン州シアトル生まれ。世田谷育ち。10代よりアルコール・薬物を乱用、非行に走り指定暴力団構成員に。20代で薬物・覚醒剤・賭博・恐喝等の罪で服役。29歳、長距離トラック運転手をしているときに業務上過失致死傷罪で再度服役。出所後、5回の精神病院入退院、36歳で自助グループに繋がり更生し今に至る。
現在、依存症回復施設・川崎マック施設長として、依存症からの回復支援、地域での刑務所出所者支援、カトリック教会の炊き出し、川崎水曜パトロールの会と協働して野宿者支援活動に力を入れる。精神保健福祉士。

聴き手

■山下 康さん(神奈川県地域生活定着支援センター・センター長)
ことぶき更生サロンVol.1では、ゲストを務めてくださいました。

  
  

イベント概要

■日  時:2021年 11月 21日(日) 14:00~16:00
■会  場:オンライン
■参 加 費 :無料(オンラインのため、定員はなし)
■お申込み:お申込フォームからお願いいたします。
   → イベント終了後のアンケートはこちら
■〆  切:2021年 11月 17日(水)
■主  催:横浜市ことぶき協働スペース
■共  催:神奈川県地域生活定着支援センター

■タイムテーブル:

14:00~
(80分)
【ゲストトーク】
 細川 慎一さん、青木 知明さん
【クロストーク】
 ゲスト × 聴き手 × 横浜市ことぶき協働スペース
YouTube Liveリアルタイム配信
(事前申込制)
15:20~
(10分)
 休憩
15:30~
(30分)
【アフタートーク】
 ゲスト × 聴き手
     × 参加希望者 × 横浜市ことぶき協働スペース
Zoomを活用
(事前申込制)
※一般公開は致しません