6/15(土)風のバード「寿サロン」のバザー作品展に行ってきました

6/15(土)12:00~16:00に、 「特定非営利活動法人 空」主催、 風のバード「寿サロン」 にてバザー作品展が開催されていたので、ご近所ということもあり、ことぶき協働スペースのスタッフで遊びに行ってきました!

風のバード「寿サロン」 に入ってまず目に飛び込んでくるのが、「さをり織り」の織り機。
バザー作品展では、この「さをり織り」の商品が数多く並んでいました。


「さをり織り」以外にも、様々な作品が並びます。

その他に、洋服・和服・食器・雑貨などのリサイクルコーナーや、
ドライカレー・マドレーヌ・コーヒーなどの軽食などもあり、実に和やかな雰囲気のバザー作品展でした。


「特定非営利活動法人 空」 とは

「特定非営利活動法人 空」 は、寿地区の独り暮らしの方々が、障がいの種類を問わず、お互いの人格を尊重しながら助け合って、作業や活動をする場として 、 障がい者地域作業所「バード」及び「風のバード」を運営してこられました。

「バード」は設立して22年、「風のバード」もすでに15年がたち、
その間さまざまな人生経験を持った個性豊かな利用者が仲間や地域の方々、また共に活動し、
交流したいと望んで訪れ、ひとときを過ごしに来られる方々との交流のなかで活動されてきました。

ここで共に過ごすことにより、ただ漫然と寿町に住んでいた生活から、この作業所に通って生活リズムを整え、
仲間同士でのアルコール依存、ギャンブル依存からの回復を目指し、生きる励み、働く喜びを見出し、
再び就労への意欲を持つなど積極的な生き方が実現されてきているようです。

しかし一方では利用者の高齢化を始め、社会の狭間で様々な問題も複雑化している現状があり、
より一層の支援がますます必要になっていきます。

そのためこの活動を社会参加の活動団体として、より活発に社会貢献をしたいとの趣旨から、
2008年に「バード」、「風のバード」は法人化し、「特定非営利活動法人 空」へと発展しました。

「特定非営利活動法人 空」は障がいを持つ方々の生活自立、精神的自立を支援し、
地域の方々とのかけ橋となり、社会的理解を深め、真に共に生きる社会を目指していくことを活動目標とされています。

住 所: 「風のバード」横浜市中区寿町2-7-13 花園ビル1階
URL: https://www.facebook.com/nposora/