ボランティアって何だろう?

「ボランティア」(Volunteer)の語源は、ラテン語の「voluntus」または「voluntarius」であるといわれています。
もともとは「志願兵」「自警団」という意味だったものが、転じて「 自発的な意志」という意味になりました。
つまりボランティア活動は、自ら進んで行うことが大前提です。

ボランティア活動の4原則

  1. 「自主性・主体性」他から強制されたり、義務としてするのではなく、個人の自由意思で行なう活動
  2. 「社会性・連帯性」だれもがいきいきと豊かに暮らしていけるように、支えあい学びあう活動
  3. 「無償性・無給性・非営利性」経済的な報酬を求める活動ではなく、お金では得られない出会いや発見、感動や喜びを得る活動
  4. 「創造性・先駆性・開拓性」今、社会で何が必要とされているのかを常に考えながら、さまざまな視点から活動を見直し進めていくことが大切で、よりよい社会を自分たちで創る活動

寿地区に来て、見て、触れて

寿地区には、それぞれ困難を抱えている方がいて、たくさんの課題に直面しています。
徐々に福祉支援の手が広がりを見せていますが、まだまだ十分とは言えません。
経済的に豊かでなくても、誰もが人間らしく暮らしていける。
そんな寿地区を実現するために、みなさんの力が必要です。

炊き出し

どうやって始めればいいの?

一口にボランティアといっても、その活動内容は

  • 単発で気軽に参加できるものーお年寄りの話し相手、ごみ拾い等
  • 専門性や資格を要するものー弁護士、山岳救助等
  • 会社員のように職場へ通って継続的に活動するものー就労支援施設等

まで多岐にわたります。
まずは気軽に始められるボランティア(きっかけづくりボランティアと呼んでいます)に参加して、そこからステップアップしていければいいと思います。

ボランティアに興味はあるけど、
いきなり参加するのはちょっと…

という方のために、ことぶき協働スペースでは、ボランティア活動に必要な心構え・知識・スキルの習得や、理解を深めるためのサロン(茶話会)・研修等を定期的に開催しています。