Buddy No. 2

尾崎 さん

ボランティア
ボランティアの可能性を追い求めて
 寿地区の作業所をはじめ様々なボランティア活動をされている尾崎さん。「フラっと来れる風通しのいい場所」と協働スペースにも足繁く通われ、8月の寿地区の夏祭りにも5日連続で参加された。

 3ヶ月程前からはじめたというボランティア活動。これまでNPOや市民活動などに触れる機会がなく、協働スペースのスタッフは 「今まで会ったことのない人達」という第一印象を持たれ、未知なる興味が湧いたという。

 8月21日開催のボランティア サロンにも参加。「ボランティアは、会社では成長させてくれないところを成長させてくれる」「寿のまちは、狭いけど遠くへ行くより得るものがある深さが魅力」と 実感と説得力のある発言をされた。

 「協働スペースのボランティアも盛り上げていきたい」と意欲的な姿勢の尾崎さんとともに、スタッフも成長していきたい。

掲載: 寿TERRACE第3号(令和元年9月1日発行)