ことびと No. 2

直仁・ペリー・ 伊藤 さん(故人)

ファインアート作家
伊藤・ペリー・直仁様は令和2年7月1日に他界されました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。(2020年7月3日追記)
米国の名門プラット・インスティテュートにて修士号を取得。世界中で個展を開催し、流れ流れて5年ほど前に寿町へやってきたそうです。

ペリーさんの視線の先にある作品は、ダダイズム、シュルレアリズムを中心とする西洋美術史研究から生まれたもの。曰く、「ことぶきで描いた最後の抽象画」。

その特徴は360度回転する作品。エポキシ樹脂を使ったキャンバスを超越して描かれています。また、マニキュアを絵の具として使用したことで、透明感がある作品に。「過去から現在に基づく絵」とペリーさんは解説してくれました。

ペリーさんも、寿のまちのために協力を惜しまないと申し出てくれた一人です。作品は期間中、展示してありますので、ご来訪の際にはペリーさんの世界観を味わってみてください。

掲載: 寿TERRACE第3号