ことぶき協働スペースの事業に参加しませんか

ことぶき協働スペースは、開かれたまちづくりの拠点として、ボランティアの参加による、「協働」の場をつくりたいと考えています。
寿地区をこれまで支えてこられた人々の思いや活動に関心のある方、学校や職場では出会いにくい新しい発見や学習の機会を得たい方、様々な体験や知識を寿地区での活動に活かしてみたい方、ご一緒に学び、力を合せてみませんか。
ご案内している活動だけでなく、これから新たな活動やボランティアプログラムを、地域やボランティアの皆さんと共に創ることを目指しています。
寿地区での活動に興味をもっていだだけましたら、お電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

募集中のボランティア

ライターボランティア
概要ことぶき協働スペースの事業のひとつとして、情報誌KOTOBUKI TERRACEを月1回発行しています。KOTOBUKI TERRACEでは私たちの活動を発信するほか、寿地区の歴史を紐解く「歴史探索」、おすすめの書籍を紹介する「今月の一冊」、まちの人を紹介する「ことびと」などのミニコーナーを設けています。
そんなKOTOBUKI TERRACEの紙面を盛り上げる企画をしたり、実際に取材・執筆活動をしてくださるボランティアを募集しています。
対象ライター経験者、文章を書くのが好きな方。是非これは取材してほしいという情報をお持ちいただける方。単発での記事執筆も大歓迎です。

アーカイブボランティア
概要ことぶき協働スペースの事業のひとつに「アーカイブ」があります。アーカイブとは、歴史的に重要な有形無形の記録(書物・写真・体験談など)を集めて保存し、未来に伝達することです。
ご存じのとおり寿地区は、かつて日雇労働者のまちとして―今は福祉のまちとして―注目せざるを得ない歴史を持っています。私たちと一緒に寿地区に関わる史料収集や、展示活動を行ってくれるボランティアを募集しています。
対象本棚作り、イベント企画、図書館や資料館へ出向いての情報収集などに興味がある方。複雑な事業なので、ある程度継続して事業に携わっていただけると助かります。